離婚を考えているので、親権者や養育費・慰謝料・財産分与などきちんと書面化しておきたい。

別居中の夫に婚姻費用の支払いを求めたい。

夫の不倫の相手方へ慰謝料請求のため、内容証明郵便を送りたい。

離婚に向けて、話し合いをしているが、まとまらないので、調停を起こしたい。

                                       など

170103

今や3,4組に1組が離婚をされるという時代とのことです。

離婚にあたっては、後から「言った言っていない」とならないように、親権者、養育費、財産分与や慰謝料など取り決めたことをきちんと書面化しておくことが肝要です。

離婚をお考えの方はお気軽にご相談ください。

当事務所は、協議離婚にあたり、取り決めたこと(親権者、養育費、財産分与、慰謝料など)を文書化する「離婚協議書」などの作成をさせて頂きます。「公正証書」での作成をご希望の方は、その作成に向けてサポートさせて頂きます。

また、慰謝料の請求をお考えの方につきましては、「内容証明郵便」の作成をさせて頂きます。

離婚のお話合いがつかない場合は、家庭裁判所への「調停申立書」などの作成を通じてサポートさせて頂きます。

※事案によっては、弁護士さんにご対応頂いた方がいい場合もございますので、その場合はご案内させて頂きます。

hanko_natsuin