◎遺言書作成等サポート業務・遺言執行サポート業務

1.遺言とは

「遺言」とは、基本的にはご自身が築きあげられてこられた大切な財産を、ご自身の思われるがままに、引き継ぎたい方へ引き継ぐための大事な意思表示です。「遺言」がない場合は、亡くなられた方の財産は原則、法律の定めた割合に従い、相続人に承継され、あとは相続人間のお話合いで、各ご遺産をどのように相続するかを決めていくことになります。                          しかし、「争族」と言われるように、相続人間で争いやトラブルになってしまうケースも多々あります。せっかくうまくいっていた家業が「争族」により傾いてしまったり、仲のよかった兄弟姉妹間が仲たがいしてしまったというお話もよく見聞されるところです。                          「遺言」とは、遺言を遺される方の大切な意思表示であるとともに、遺された方々がトラブルにならないよう可及的にご生前に対処しておくという、思いやりの手続でもあるといえるかと思います。

ただし、「遺留分」に留意が必要です。

その他、「遺言」を遺された方がいいケースや「遺言」のメリットなどは、こちら。

2.遺言の種類と専門家関与の必要性

通常の場合、遺言を遺す方法は民法により、自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の3種類が定められており、それぞれ一定の厳格な様式に則って作成しない限り、法的に有効なものとなりません。したがいまして、せっかく遺されたご遺言が意味のないものとならないよう、是非、専門家へのご相談をお勧めいたします。

当事務所では、「遺言書」の作成や遺言の内容を実現する「遺言執行」のサポートを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

kojin_omoide_woman

自筆証書遺言作成サポート業務【手続の概略とご費用の目安】

⇒ご本人様ご自身により遺言書の作成をする自筆証書遺言の作成のサポート(原案の作成サポート、必要書類の収集など)をさせて頂く業務です。

公正証書遺言作成サポート業務【手続の概略とご費用の目安】

⇒公証役場にて公証人に作成してもらう公正証書遺言の作成のサポート(原案の作成サポート、必要書類の収取、公証役場との打ち合わせ・連絡調整など)をさせて頂く業務です。

遺言書修正・変更サポート業務【手続の概略とご費用の目安】

⇒いったん遺された遺言書の内容を修正や変更されたいという方について、その修正・変更された内容にて自筆証書遺言や公正証書遺言の作成をサポートさせて頂く業務です。遺言は、前の遺言と抵触する場合、新しい遺言の内容が優先されることになりますので、修正や変更をお考えの方は是非ご相談ください。

遺言執行サポート業務【手続の概略とご費用の目安】

⇒遺言の内容通りにご遺産を引き継ぐ手続(土地や建物の名義変更、預貯金の名義変更など)を代わって行わせて頂く業務です。煩雑な諸手続も当事務所が皆様に代わって行うことができます。通常は、遺言を遺される際に、遺言の内容として、遺言の内容を実現する「遺言執行者」を予め指定おくことになります。