◎相続放棄申述書作成業務

相続放棄申述の手続⇒ 【相続放棄申述手続の概略とご費用の目安】

亡くなられた方(被相続人)から引き継ぐのは、プラスの財産ばかりではなく、マイナスの財産(=借金など)も引き継ぐことになります。

場合によっては、マイナスの財産の方が大きく、相続をしないというご選択をなされたほうがいいこともございます。

この場合は、家庭裁判所にて「相続放棄」の手続をする必要がございます。

この手続は、原則、被相続人がお亡くなりになられた日から3か月以内にする必要があり、期間内にしなかった場合は、相続を承認したものとみなされますので、ご注意が必要です。

さらには、遺産を処分したり、一定の行為をしてしまうと、それにより相続を承認したものとみなされることがありますので、被相続人の方に借金などがあることが判明している場合などは、まずはご相談されることをおすすめいたします。

※ただし、この「3か月」という期間の起算日については、例外もございますので、「3か月」を過ぎてしまったからといって、諦められず、一度ご相談ください。