「相続」や「贈与」、「売買」などで土地や建物などの名義変更をする場合、『登録免許税』という名義変更のためだけに必要となる税金が発生いたします。

我々「司法書士」は、名義変更手続にかかる「手数料」に加えて、この「登録免許税」という税金も併せて、お預かりするか、いったん立て替えてから、登記申請の手続をさせて頂いております。具体的には、法務局に提出する登記申請書に「登録免許税」相当額の「収入印紙」貼用して納めることになります。

ごく簡単にご説明すれば、「相続」の場合ならば、名義変更をする各不動産の「固定資産評価額」の合計額に、0.4%をかけて出てくる金額が概ねこの「登録免許税」の金額になるとお考え下さい。当然ながら、「固定資産評価額」が大きければ大きいほど実費である税金の金額が増えるということになります。

これが「贈与」となると、2%と税率が上がります。

このように、司法書士「費用」と呼ばれるものの大半は、この「登録免許税」と言われる実費たる税金であることがほとんどである場合も多いので、司法書士の「費用」は高いというイメージがおありの方もいらっしゃるようです。司法書士は、併せて「税金」もお預かりさせて頂いているということで、皆様のご理解を頂けましたら幸いです。

当事務所では、不動産の名義変更手続にかかる「ご費用」の見積りを「無料」に行っておりますので、まずはメールやお電話にてお気軽にお問い合わせください。

【司法書士費用】

①登録免許税 ②登記簿謄本取得費用 ③その他 ④司法書士手数料

※「相続」場合は、「戸籍等取得費用」が加わります。