【成年後見制度とは】

成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害など「精神上」の障害により、ご判断能力が十分ではない方(ご本人様)の権利を守るために、裁判所から援助者(成年後見人等)を選んでもらう制度です。
そして、その援助者がご本人様に代わって、身の回りのお世話のために福祉施設の利用や介護サービス利用などの契約、遺産分割の話し合い、悪徳商法にかかる契約の取消しなど、様々な形で法律的に援助していくことになります。
これは、「契約」を例にとると、法律上、「契約」を有効に結ぶには、「意思能力」というものが要求されており、上記のようなご判断能力が不十分な方の場合、有効に契約を結べない(あるいは、事後的に無効とされる)可能性が出てまいります。
そうすると、「契約」の相手方も躊躇・困惑してしまい、「契約」が結べず、結果的にご本人様の不利益になってしまうことになってしまいます。
このように、「ご本人様を守る」ための「ご本人様のため」の制度ですが、「なぜ援助者が必要なのか?」にはこのような理由もあるのです。
すなわち、「ご本人様」が法律上「できない」ことを、援助者が代わりに行うための制度というイメージでお考えいただければと思います。

【種類】

すでにご判断能力が不十分な方のために裁判所が援助者を選任するという「法定後見制度」と、ご本人様が十分なご判断能力があるうちに予め援助者を指定しておくという「任意後見制度」がございます。


さらに、もっと広く捉えるとご本人様が十分なご判断能力がある場合でも、ご自分で選んだ方に一定の行為をお願いする「任意代理契約」や定期的に訪問し安否確認などをする「見守り契約」もその前段階で利用されることがございます。