◎所有権移転登記手続代理業務

「売買」や「贈与」などにより、土地や建物の所有者が変更した場合、国の管理する土地や建物の「登記簿」の記録を、新しく所有者となった方へと変更する手続をします。

「売買」による土地や建物の名義変更【手続の概略とご費用の目安】

⇒売主様から買主様へ売買の対象となった土地や建物の名義変更手続をすることになります。

「贈与」による土地や建物の名義変更【手続の概略とご費用の目安】

⇒贈与した方(贈与者)から贈与を受けた方(受贈者)へ対象となった土地や建物の名義変更手続をすることになります。

isan_souzoku

~土地や建物の名義変更とは?~

ある土地や建物が、どこにあって、どれくらいの広さ(大きさ)があるのか、どういう構造をしているのかなどや、どなたが所有しているものかなどについては、国の帳簿である「登記簿」に記録されています。

すなわち、ここでいう「名義変更」とは、この「登記簿」の記録を新たに土地や建物を取得した方へと移す手続ということになります。

例えば、AさんがBさんにある土地(甲土地)を売却した場合、甲土地の所有者はAさんからBさんになります。

この場合、甲土地に関する「登記簿」の所有者の記録を、AさんからBさんへと変更することになります。


あるいは、AさんがBさんにある建物(乙建物)を贈与した場合も同じく、乙建物の所有者はAさんからBさんになります。

この場合も上記と同様となります。


すなわち、「売買」や「贈与」、「相続」など、何らかの原因で、ある土地や建物の所有者が変わった場合に、「登記簿」の所有者の記録を変更する「名義変更」の手続をするということになります。