供託とは、金銭、有価証券などを国家機関である供託所に提出して、その管理を委ね、最終的には供託所がその財産をある人に取得させることによって、一定の法律上の目的を達成しようとするために設けられている制度です。

供託には様々な種類がありますが、皆様に身近なものとしましては、「弁済供託」といわれるものがあげられます。たとえば、ある人からお金を借りており支払期日がきたにかもかかわらず、その貸主さんの行方が現時点でわからないので返済したくても返済できないという場合を想定してみてください。支払わない限り損害金は発生し続けてしまい大変ですよね。

このような場合は、「弁済供託」といって、約定に基づいて計算した元金や利息、損害金の全額を供託所(具体的には法務局)に供託することによって、「支払った」のと同じことになります。

他にも、大家さんから家賃の増額請求を受けた場合や、差押えを受けた場合など、「供託」が問題となるケースは日常生活においても少なからずございます。

当事務所では、「供託」手続の代理も承っておりますので、どうぞお気軽にご相談くださいませ。