◎所有権移転(相続)登記手続代理業務

遺言がある場合遺言に基づく不動産の名義変更【手続の概略とご費用の目安】

通常は、亡くなられた方(「被相続人」といいます。)の遺された遺言書の内容に則って、様々な遺産が相続人の方などへ相続されることになります。

すなわち、遺言書により土地や建物を相続などにより取得することになった相続人の方が、「被相続人」の方から相続人の方へと名義変更手続をすることになります。

 

遺言がない場合遺産分割協議に基づく不動産の名義変更【手続の概略とご費用の目安】

通常は、相続人の皆様全員にて、土地や建物などの不動産や預貯金、株式などの有価証券など一切の遺産につき、どのように相続するかのお話合い(これを「遺産分割協議」といいます。)をなし、この遺産分割協議に基づき、相続手続を行っていきます。

すなわち、遺産分割協議により遺産である土地や建物を相続することになった相続人の方が、被相続人の方から相続人の方へと名義変更手続をすることになります。

IMG_2801