土地や建物などを買った。

生前に土地や建物を息子に贈与したい。

建物を建てた。土地の払い下げを受ける。

住宅ローンを完済した。

不動産を担保に金融機関からお金を借りる。(住宅ローン)

お金を貸すので、不動産を担保にとりたい。   

明治時代に付けられた古い担保権の登記を消したい。

 

などなど

176024

 不動産「登記」手続とは、ごく簡単に言えば、国の管理する「帳簿」に、土地や建物にまつわる皆様の権利をしっかりと記録することです。

そして、「登記」手続をすることにより、第三者に対し、ご自分の権利を主張することが可能となります。

すなわち、「登記」手続とは、皆様の権利を「守る」大切な手続といっても過言ではありません。

当事務所は、上記のような不動産「登記」手続に必要となる書類の作成および登記申請手続を皆様に代わって行わせて頂きます。

所有権移転登記手続代理業務(売買・贈与など)・・・土地や建物の名義変更をされたい場合

所有権保存登記手続代理業務 ・・・新築した建物や払い下げを受けた土地につき登記をされたい場合

抵当権抹消登記手続代理業務 ・・・住宅ローンを完済された場合など土地や建物の担保権の登記を抹消されたい場合

抵当権設定登記手続代理業務 ・・・住宅ローンを借りられる場合など、土地や建物につき、金融機関等の担保権の設定登記をされたい場合

休眠担保権抹消登記手続代理業務 ・・・土地や建物の登記簿についている古い担保権の登記を抹消されたい場合 

166815