一人暮らしの母が、最近物忘れがあり心配だ。悪質商法の被害にあわないだろうか。

遺産分割の話し合いをしたいが、相続人の一人である父が認知症と診断された。

知的しょうがいを持つ子の行く末が心配だ。

今はまだしっかりしているが、今後、判断能力が衰えてこないか心配だ。

そのときに備えて信頼できる人に色々お願いしておきたい。       などなど

 

otoshiyori_kagamu

 

「後見制度」にも色々ありますが、どれも共通するのは、判断能力の衰えられた方々をサポートする制度であるということです。

当事務所は、裁判所から選任される「成年後見人・保佐人・補助人、それらの監督人」、あるいは契約に基づく「任意後見人・任意代理人」等として、ご本人様の生活をサポートさせて頂きます。

また、これから「後見制度」のご利用を考えられておられる方につきましては、家庭裁判所に提出する「後見開始等の申立書」の作成・手続のサポート、あるいは「任意後見契約書」の作成・手続のサポート等をさせて頂きます。

後見開始申立書等作成業務 ・・・ご判断能力の衰えられた方のために、家庭裁判所に申し立てをし、後見人などを選任してもらう場合

任意後見契約書作成等業務 ・・・将来、ご判断能力が衰えられた場合に備え、予め任意後見人をお願いしておく場合

見守り契約・任意代理契約など ・・・お近くにご親族や気軽に頼ることのできる人がいないようなお一人暮らしのご高齢者の方などが、契約に定めた「一定の事項」につき、代わりにお願いされたい場合

176119