5月29日より「法定相続情報照明制度」がはじまりました。

これは、法務局に相続関係を証する戸籍等の束を提出し、併せて相続関係を一覧にした図を提出すれば、登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付してくれる制度です。

この交付を受ければ、今後は、金融機関の預貯金の相続手続などに戸籍等の束をいちいち持参しなくてもよくなります。※ただし、当面は例外的扱いの機関がある可能性があります。

相続登記の際には、当事務所が戸籍関係をすべて取得してから手続をしますので、今後はあわせて、この制度の利用をご依頼頂けましたら、不動産の名義変更の後に金融機関での預貯金の名義変更をする形にすれば、相続手続がスムーズにいくことになります。

「相続」が発生したらまずは「司法書士」にご相談ください!